スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モカの命日

2014年09月24日 23:49


先月の8月23日は愛犬Mocaが亡くなってまる2年目の命日でした。加西市にある加西動物霊園と言うとっても綺麗で小高い丘の上にあるペット霊園の合同慰霊碑にたくさんのワンコ達と一緒に眠っています。

モカは捨てられていた仔犬でした。2003年に保護した我が家でそのまま家族になってくれたワンコです。

あまりに突然の死で、未だその現実を受け入れる事も出来ずに昨年の一周忌に泣く泣くお骨を手離してからもお墓にお参りに1度も行けないでいました。会いに行ってあげたいのに行くとモカが死んだと言う現実に向き合わなければならないため、常に避けて考えないようにしている日々。

すぐに癒えるだろうと思っていたのに2年経っても一向に何も変わりません。子育てがあった事で毎日泣いてもいられず救われた日々でしたが、当初は青空が寝てから毎晩泣いていました。

モカの顔写真入りのプレートも作って頂いたのに今回初めてみました。感情移入しすぎるとまた涙が止まらないのでチラッとみた位でした。私が泣くと青空がとても心配するので…

担いで介護してあげる位まで長生きして欲しかったのに、たった9歳で、看取ってあげることも出来なかったこの後悔をいつになったら涙せずに思い起こす事が出来るようになるのか。

たかが犬と思う方もいるかもいれませんが本当に我が子として寝起きも共にし、飛行機にも一緒に乗って北海道にも何度も連れて帰りました。

亡くなった時も数えきれない程の御花が届く様な皆に愛される優しい子でした。

我が家で頻繁に保護する仔猫達にも本当に優しく接っしてくれる子でした。毎回里子に旅たった後はお部屋をクンクン泣きながら仔猫を探して、私に居ないよ、何処行っちゃったの?と訴えてきました。本当に可愛かった。

今でも毎日会いたくて会いたくて仕方ないよ、モカ。弱虫なご主人であまらり会いにも行ってあげられないけれどいつも心に想ってるよ。忘れた事なんてないからね。

お墓で泣けなかった分、一人の時間に沢山泣きました

mocameinichi3.jpg


mocameinichi2.jpg



mocameinichi1.jpg
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。